スポンサードリンク

2007年06月18日

“ハニカミダンス”に1900人がトリコ

“ハニカミダンス”に1900人がトリコ


ゴルフのハニカミ王子。

キュートなダンスで、ギャラリーを魅了??


出典:6月5日10時37分配信 デイリースポーツ


“ハニカミダンス”に1900人がトリコ


 「関東アマチュアゴルフ選手権」第1日(4日・千葉県野田市・千葉CC梅郷C)、マンシングウェアKSBで男子ゴルフツアー史上最年少で優勝した石川遼(15)=杉並学院高1年=は3バーディー、4ボギーの1オーバー、73で回り首位に4打差の9位タイと、優勝後の初試合で好スタートを切った。会場にはハニカミ王子見たさに、アマ大会としては前代未聞の1900人のギャラリーと200人の報道陣が集結。16番ではチップインバーディーを奪い、“ハニカミダンス”を披露するなど、会場は王子一色に染まった。
 人、人、人…。ティーグラウンドからグリーンまで、人で囲まれたホールを見て一番驚いていたのが、石川本人だった。「ティーグラウンドに立って、たくさんの人を見て、有名人になったんだなあって自覚しました」。
 たった1人で集めたギャラリーは1900人。今季の男子トーナメント初日と比較しても4位の入場者数で、もちろんアマの大会では史上最多の入場人員だ。それだけ多くの人たちがハニカミ王子に注目していた証拠だった。
 「いいショットをたくさん見てもらおう」。モチベーションを上げてスタートした10番でいきなり2打目を20センチにつけるスーパーバーディー。わき上がる歓声が、さらに王子を乗せた。ハイライトは16番ショートだった。1打目はグリーン左のラフへ。左足下がりの難しいスタンスだが、SWでふわりと上げた球は20ヤードをコロコロ転がりカップに吸い込まれた。マンシングKSB、優勝を決めた17番でのチップインを彷彿(ほうふつ)とさせるシーン…。そのときは両手を上げて喜んだが、今回はさらに両手を上げたままクルクルと回る、キュートな“ハニカミダンス”に、女性ファンも思わず絶叫だ。
 だが、その後は得意の1Wが曲がりだし、スコアを伸ばせない。本人は否定したが、優勝後の表彰式ラッシュに加え「思いだしたくない」と笑う中間テストで、たまった疲労を回復する時間があまりにもなさすぎた。また、右上腕部にはテーピングも施されていた。マンシングKSB後から、野球のマスコットバットを入手し、左打ちの素振りをするなどして、ぶれてきたスイングを矯正したが、やはり15歳の体は正直だった。
 前夜は父・勝美さんから「今までとは違うのだから自覚を持った行動をするように。調子に乗るんじゃないぞ」と、改めて今後の心構えを説かれた。信用金庫に勤める実直なサラリーマンである父の言葉を胸に刻んだ今大会。プロの大会で勝ったのだから、アマで勝っても当たり前、という周囲の雑音もあるが「ここに来ている人はトップアマばかり。だれが勝ってもおかしくない」と謙虚な姿勢は忘れない。残りはあと3日。「気持ちを込めて」全力で試合を戦い抜く。
posted by ハニカミ王子 石川遼 at 15:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男子ゴルフ 15歳石川、9位スタート 関東アマ選手権

男子ゴルフ 15歳石川、9位スタート 関東アマ選手権

ゴルフの石川遼くん


ゴルフのハニカミ王子


好発進!!!


出典:6月5日10時29分配信 毎日新聞


男子ゴルフ 15歳石川、9位スタート 関東アマ選手権

男子ゴルフの関東アマチュア選手権が4日、千葉県野田市の千葉カントリークラブ梅郷コース(7111ヤード・パー72)で開幕した。5月にアマチュア選手ながら史上最年少で国内プロツアーを制した15歳の石川遼(東京・杉並学院高1年)が出場し、3バーディー、4ボギーの通算1オーバーで、トップから4打差の9位タイにつけた。アウトスタートの石川は最初の10番でバーディーを取る快調な滑り出し。16番ではグリーン左のラフからチップインバーディーを決めたが、後半はティーショットが安定せず3ボギーをたたいた。
 第2ラウンドで65位タイ以内に入れば、6日の第3ラウンドに進める。4日間のスコアで上位29人が日本アマ選手権(7月3〜7日・愛知CC)に出場できる。
 ○…5月の国内プロツアー「マンシングウェアオープンKSBカップ」に、15歳8カ月で優勝した石川にとって、ツアー制覇後初の公式戦。例年なら関係者しか来なかった大会に、1900人(大会本部発表)のギャラリーが押し寄せ、石川がプレーするたびに歓声と拍手を送った。
 前半の16番では「アプローチのつもりだったのに」と石川も驚く20ヤードのチップインバーディー。だが後半はパットにも苦しみ、目標から2打多い通算1オーバーでホールアウト。「ギャラリーの多さに驚いて、疲れ気味です」と石川。父親からは「有名人になってしまったんだから(慎むことを)自覚しなさい。調子に乗るな」とたしなめられたという。石川は「第2ラウンドからは攻めのゴルフでばん回する」と笑顔で語った。
 ○…“遼クン対策”に主催者の関東連盟も大わらわ。昨年はほとんど見られなかった報道陣が、75社・200人にのぼり、石川専用の100人収容記者会見テントまで設営。ほかにも5000台収容の駐車場を用意し近くの私鉄駅までのシャトルバスを10分おきに運行。ギャラリー内には不測時にと、私服警官まで動員した。関東連盟によると臨時出費は約1000万円というが、高橋正孝常務理事は「これもゴルフ普及のためなら喜ばしいこと」。
posted by ハニカミ王子 石川遼 at 15:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“ハニカミ効果”だ!アマ史上最多ギャラリー&シャッター音

“ハニカミ効果”だ!アマ史上最多ギャラリー&シャッター音

ゴルフのハニカミ王子にシャッター音が、鳴り響く!!



出典:サンスポ SANSPO.COM


 “ハニカミ王子”石川遼(15)=東京・杉並学院高1年=の登場で、4日開幕した「関東アマ」は超異例の盛り上がりを見せた。ギャラリーは中高年の女性らを中心に、昨年の約40倍となる約1900人。報道陣も200人以上。最寄り駅もギャラリーバスも駐車場など周辺もプロトーナメント以上のフィーバーとなった。第2日の5日の競技開始は午前8時、石川は同10時24分にアウトからスタートする。



ギャラリーは約40倍!

 午後2時までに、集まった数は1900人。主催する関東ゴルフ連盟によると、「例年はギャラリーは出場者の家族ら。昨年は50人ほど」。今回は昨年の約40倍。直近2大会の男子ツアー初日平均ギャラリー数1427人で、プロに圧勝!?

報道陣も熱視線

 この日詰め掛けた報道陣は75社約200人。コース内に記者会見などの共同スペースのテント2張りが出現。同連盟によると「昨年の取材陣は1、2社。テントも、もちろん初めて」。石川の組には民放各社の女性リポーターなどが密着。さらに一般紙の夕刊にスタート直後の石川の様子が写真付きで掲載された。

ベッカム→ヨン様→佑ちゃん→遼クン?

 ギャラリーには中高年女性の姿が目立った。「ゴルフ場には初めて来た」という東京都中野区の主婦(46)は「ツアー優勝の記者会見でひと目ぼれしました。テレビで見た以上にハニカミがかわいい」と満足げ。ただ「サンダルで来たので足が痛い」と嘆いた。また石川のプレー中、ギャラリー整理員の注意を無視し、シャッター音を響かせて携帯電話のカメラで撮影するファンが続出。フェアウエー真ん中付近で撮影する女性ファンもおり、この状態に「マナーを守れよ」と一喝する男性ファンも。

弁当完売

 会場内に特設された「ギャラリープラザ」では、エビフライ弁当(1000円)など弁当約1000食を用意したが完売。200食を追加したが、これもアッという間に売り切れ。

佑ちゃん超え!?

 ギャラリーの女性20人に「ワセダを優勝に導いた斎藤佑樹投手と石川のどちらが好きか」とアンケートをしたところ「19対1」で石川の圧勝。大半は「どっちもさわやかで好きなんだけど」と迷った揚げ句の選択だった。最終的には「でも、生であの笑顔を見たらやっぱり遼クンだわ」と口をそろえていた。

2日目はバス増発

 最寄り駅の東武野田線・野田市駅から会場には27人乗り1台、60人乗り1台の送迎用ギャラリーバスが約10分おきで運行された。それでは追いつかず、5日は60人乗りを1台増やし、午前7時30分から運行予定となった。

★先輩、後輩も奮闘!中里2位、薗田9位

 遼クンに負けられない!。石川が所属する東京・杉並学院ゴルフ部員が気を吐いた。遼クンより1学年下の中里光之介(杉並学院中3年)は72のイーブンパーで2位発進。遼から「とにかく思い切り振るように」とアドバイスを受けている14歳は「ドライバーはいつもより飛んで280ヤード出ていた。遼の優勝は励みになったし、優勝したい」と気合十分。男子ツアー「三菱ダイヤモンドカップ」で予選通過した薗田峻輔(杉並学院高3年)は遼と同じ1オーバー。「うまい人は彼だけじゃない。自分のゴルフをするだけ」と最上級生のプライドをにじませた。

★3アンダーで豊島豊が首位

 豊島豊が5バーディー、2ボギーの69で回り、3アンダーで首位に立った。中央学院大卒後、昨年まで東京・広尾のゴルフショップに勤務。今年から世田谷区のゴルフスクールでスタッフとして働く30歳は、05年に1度だけ日本アマに出場している。「遼クンの活躍で、アマの大会が注目を浴びるのはうれしいこと。できすぎですが、この大会で勝ってみたい」と意気込んだ。
posted by ハニカミ王子 石川遼 at 14:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魅せたチップイン!“ハニカミ王子”石川、4打差9位の好発進

魅せたチップイン!“ハニカミ王子”石川、4打差9位の好発進


ゴルフのハニカミ王子は、今日もゴルフです。

当たり前か!!

で、チップインは、すばらしいね。


出典:6月5日8時1分配信 サンケイスポーツ


魅せたチップイン!“ハニカミ王子”石川、4打差9位の好発進

関東アマチュア選手権第1日(4日、千葉・千葉CC梅郷C=7111ヤード、パー72)ハニカミ王子好発進! 史上最年少15歳8カ月でツアー優勝した石川遼(15)=東京・杉並学院高1年=が、ツアー優勝後としては初めての試合で、3バーディー、4ボギーの73で回り、首位に4打差の9位で発進した。石川見たさに、初日から1900人のギャラリーが集まる歴史的大フィーバーの中、69をマークした豊島豊(30)=千葉・東千葉=が首位に立った。

 午前7時の会場入りからストロボラッシュが起こって始まった「ハニカミ王子」フィーバー。75社200人の報道陣。アマの大会史上最多、直近の男子プロゴルフ競技2試合の初日平均入場者1427人を上回る1900人のギャラリーが押し合い、ホール間を抜ける際は、もみくちゃにされ続けた。そんな中でも、石川は冷静に自分のプレーを見せた。

 「“石川君だ”と声をかけられて、有名人になったんだと自覚しました。でも、アマの試合で負けられないプレッシャーはありません。気持ちを切り替えて、この試合に向けてモチベーションが上がっています」

 3バーディー、4ボギーの73にまとめたこの日、最大の見せ場は16番(204ヤード、パー3)だった。ピンまで20ヤードのラフから、SWで放った第2打は難しい下りラインに乗って、カップイン。勝った先月の「マンシングウェアKSBカップ」の17番チップインバーディーを思い出させる神業のバーディー。ギャラリーの大歓声の中に、「オーラが出ていた」という声が混じった1打でもあった。

 自分を失わずにプレーできている理由はある。15日前に起こった偉業は、過去のこととしている。即座にプロ転向もできたが、文武両道を念頭にアマとしてやっていくことを宣言している。

 この日の朝、父・勝美さんに「ゴルフで有名人になったからといって、調子に乗るな。いつものように攻めのゴルフで行け」と叱咤されていた。それもあってラウンド後に「ギャラリーにいいショットを見せられなかったので、明日、もう一度見てもらいたい。来て下さい。(笑顔は)20点かな? こわばってますよね」と自己採点し、ギャラリーに感謝する気持ちも表していた。

 準備を整えたという自負もある。優勝後中間試験などで多忙な中、会場の千葉CC梅郷Cを3ラウンド、他コースを2度回り、アプローチの感覚も戻ってきている。

 初出場した昨年は7位。目標は優勝だ。日本アマの出場権を得る上位29人は最低条件。関東のトップアマが出場するなかで、1オーバーで9位発進はまずまずのスタートだ。

 「毎日5つバーディーを取ることが目標なので、明日は攻めて攻めてバーディーを取っていきたい」。まだまだ周囲の喧噪は続くが、しっかり受け止め、攻撃型のマイ・ゴルフに徹する。
posted by ハニカミ王子 石川遼 at 14:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

石川遼の魅力はデビュー時ウッズ級の柔らかスイングにあり!

石川遼の魅力はデビュー時ウッズ級の柔らかスイングにあり!

ゴルフの柔らかいスイングを見せるハニカミ王子こと石川遼くん
すてきですね。

ゴルフのスイングは、すばらしい、。


出典:6月5日8時1分配信 サンケイスポーツ


石川遼の魅力はデビュー時ウッズ級の柔らかスイングにあり!

 “ハニカミ王子”石川遼のスイングをサンケイスポーツ専属評論家の村上隆プロが分析した。体の柔らかさ、足腰の強さを生かしたスイングとしたうえで、今後の活躍を期待した。

 初日3バーディー、4ボギーの73。石川遼はまずまずのスタートを切ったといっていいだろう。

 スイングを見ると、大きめのスタンスをとり、振り切っているのが印象的だ。今のように体を作り上げたタイガー・ウッズではなく、19歳のアマチュアとしてマスターズにデビューしたとき(95年)のような柔らかさがある。

 1メートル71、64キロときゃしゃな体ながら、足が27センチと大きく、手はグローブのサイズ24センチ。手足、首が長く、なで肩。中学時代、陸上部でダッシュを繰り返したことで強じんな足腰ができつつあり、スタンスが広くても鋭いねん転ができるようになっている。

 グリップはスクエアで、大地をキャッチするような安定したアドレス。上半身にムダな力が入らず、テークバック、フォロースルーにかけ、肩が首の下を抜けていく感じでヘッドスピードが増して、300ヤード近く飛ばせている。アイアン、パッティングの構えも問題がない。

 15歳の石川は、ジュニア、アマを経てプロになった多くの選手に見られたよさを兼ね備えている。倉本昌弘のようなボディーターンを生かした思い切って振り抜くスイング、川岸良兼並みの飛距離、伊沢利光のようなキレの鋭さ、そして丸山茂樹の柔軟な体…。

 無理な力も入らず自然体でクセのないスイングで打ち続ければ、大崩れはしないだろう。ただ注目されている中で、「勝ちたい」と強く思いながらのプレーでは、簡単に好スコアが出るとはかぎらない。試合経験を重ね、アプローチ、パットはこれからもっとよくなっていくだろう。
posted by ハニカミ王子 石川遼 at 14:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初心者ギャラリーやりたい放題

初心者ギャラリーやりたい放題


ゴルフのハニカミ王子みたさに、初心者ギャラリー多数・・・



出典:6月5日6時4分配信 スポーツニッポン

初心者ギャラリーやりたい放題


15歳8カ月の史上最年少で男子プロゴルフツアーを制した石川遼(東京・杉並学院高1年)が関東アマチュア選手権(千葉CC梅郷C)に出場。2週間ぶりの“ハニカミ王子”の大会出場に会場はパニック寸前だった。

 石川がスタートした午前9時に300人ほどだったギャラリーは、午前11時に1300人に増え、ホールアウト50分前の午後2時には、国内のアマチュアトーナメント史上最高の1900人に膨らんだ。

 地元の年配ファンが中心だったが、主婦や若い女性ファンの姿も見られた。26歳の女性フリーターは「王子好きなんで来ました。きのうはハンカチ、きょうはハニカミです。ゴルフ観戦は初めて」。朝のテレビを見て「学校をさぼった。ゴルフに興味はないけど、石川くんはカッコいい」と話す女子高生も。初めてゴルフ場に足を運ぶファンが多いことが、ハニカミフィーバーの特徴だった。

 それだけに、ギャラリーのほとんどは石川について回る大名行列状態。主催の関東ゴルフ連盟の要請を受けて、プロのトーナメントを運営するダンロップスポーツ・エンタープライズも急きょ協力し、石川組のためだけに10人が配置された。

 同社の関水利史ゼネラルマネジャーは「1組に付くギャラリーの数は通常のプロの大会以上ですね。(宮里)藍ちゃんやタイガー(ウッズ)級だった」と驚いたが、観戦素人が多かったことで思わぬ被害も出た。

 石川と同組だった溝端隆一は「こんなギャラリーはもちろん初めて。地に足がつかなかった」と12オーバーの大崩れ。禁止されている携帯カメラの使用で集中をそがれた上に“じゃまだ”と言われたという。警備員が「フェアウエーを歩かないでください」と注意すると「フェアウエーってどこですか」との珍返答も。それでも、同組の43歳の広田文雄が、石川の礼儀正しさに感心し「息子につめのあかをせんじて飲ませたい」と笑わせるなど、王子はさわやかなままだった。
posted by ハニカミ王子 石川遼 at 14:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遼くんが見たい!老若男女ドドドッ

遼くんが見たい!老若男女ドドドッ


ゴルフの石川遼くんを見るためにギャラリー・・・



出典:6月5日6時4分配信 スポーツニッポン


遼くんが見たい!老若男女ドドドッ

“ハニカミ王子”が大ギャラリーを魅了した。15歳8カ月の史上最年少で男子プロゴルフツアーを制した石川遼(東京・杉並学院高1年)が4日、関東アマチュア選手権(千葉CC梅郷C)に出場した。優勝後では初の大会参加に、アマチュアの大会では過去最多となる1900人の観衆が集結。さわやかな笑顔と、16番のチップインバーディーなどで魅了。スコアも1オーバーの73で9位と好発進した。

 おじちゃん、おばちゃん、若いカップルに、学校をさぼってきた女子高生。みんなが、ハニカむ笑顔を見たかった。平日の月曜日。しかも午前9時。それでも300人以上のギャラリーに迎えられ、石川は10番のティーグラウンドに立った。

 「クラブハウスや練習場で自分のことを見て、いろんな人が“石川くんだ”と驚いていた。有名人になってしまったんだときょう自覚しました」。自分を取り巻く状況の変化に驚いて、緊張もした。しかし、3Wで放った第1打。美しいドローのティーショットは、フェアウエーの真ん中に落ちた。残り170ヤードの第2打が圧巻だ。7Iでピン20センチにピタリとつけ、スタートホールのバーディーで観衆を魅了した。

 16番パー3ではグリーン左奥20ヤードから鮮やかなチップインバーディー。「マンシングウェアKSBカップ」では17番でのチップインバーディーで優勝を決定づけたが、その“奇跡”を再現した。「マンシングのバンザイよりも、きょうの方が決まっていたと思います」と両手を広げるおなじみのハニカミガッツポーズで1回転し、ギャラリーと喜びを分かち合った。

 大会前夜、銀行員の父・勝美さん(50)からは「有名人になったんだから自覚を持てよ」と諭された。ホームコースとしている茨城・結城市のしもふさCCでは、スタッフだけでなく、コースにもきちんとあいさつをする。大会を終えれば、コースへの礼状も忘れない。そんな知られざる姿勢が、大勢の人を引きつける。

 最終的なギャラリー数は、アマチュアの大会では過去最多の1900人まで膨れ上がった。今季男子ツアーの第1日の平均入場者数2166人。それに匹敵する人数をたった1人で動員したが「ギャラリーの数に驚いちゃったので疲れ気味です」と、後半は2つスコアを落として1オーバーの9位でホールアウト。大会前に違和感を感じてテーピングを施した右上腕の影響もあったのか、得意の1Wは左に引っ掛けることが多かった。

 ただし、ただ者ではない15歳はこう呼びかけた。「きょうは自分のいいショットを見てもらえなかった。あしたまた来ていただいて、自分のドライバーをもう一度見てほしい」。世界中の人に好かれるゴルファーになりたい。まず目指すのは、上位29人に出場権が与えられる日本アマ(7月3〜7日、愛知CC)、そして、アマ日本一の称号。そのステップとなる今大会で、ファンのため、自分のためにベストを尽くす。

 ▼石川 遼(いしかわ・りょう)1991年(平3)9月17日、埼玉県松伏町生まれの15歳。松伏小から松伏第二中を経て今春、杉並学院高に入学。ゴルフは6歳から銀行員の父・勝美さんの指導で始める。プロツアー初出場となった先月のマンシングウェアKSBカップで15歳245日での世界最年少ツアー優勝を達成。好きな選手はタイガー・ウッズ。家族は両親と妹、弟。1メートル71、64キロ。

posted by ハニカミ王子 石川遼 at 14:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遼くん「力が入っていた」/アマゴルフ

遼くん「力が入っていた」/アマゴルフ


ゴルフのハニカミ王子は、力んでいた?!?



出典:6月4日22時17分配信 日刊スポーツ

 <関東アマチュアゴルフ選手権>◇初日◇4日◇千葉・千葉CC梅郷C(7111ヤード、パー72)
 石川遼(15=杉並学院高1年)が73の9位で初日を終えた。平日、地方の地区アマ大会では異例の1900人の観衆が訪れ、16番ではグリーン左ラフから20ヤードのアプローチを沈めるなど見せ場は作ったが、目標の71には2打届かなかった。
 ティーショットでラフに捕まる場面が多く、石川は「ドライバーが練習ではいい感じだったのに(ラウンドでは)上半身に力が入っていた」と反省。「16番はみなさんすごく満足してくれたけど、明日これる方はもう1度、来ていただきたい。自分のドライバーショットをもう1回、見てもらいたい」と、ファンにアピールしていた。


posted by ハニカミ王子 石川遼 at 14:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<男子ゴルフ>15歳石川、9位スタート 関東アマ選手権

<男子ゴルフ>15歳石川、9位スタート 関東アマ選手権

ゴルフのハミカミ王子

9位スタートは、愛嬌か??


出典:6月4日18時58分配信 毎日新聞

男子ゴルフの関東アマチュア選手権が4日、千葉県野田市の千葉カントリークラブ梅郷コース(7111ヤード・パー72)で開幕した。5月にアマチュア選手ながら史上最年少で国内プロツアーを制した15歳の石川遼(東京・杉並学院高1年)が出場し、3バーディー、4ボギーの通算1オーバーで、トップから4打差の9位タイにつけた。アウトスタートの石川は最初の10番でバーディーを取る快調な滑り出し。16番ではグリーン左のラフからチップインバーディーを決めたが、後半はティーショットが安定せず3ボギーをたたいた。
 第2ラウンドで65位タイ以内に入れば、6日の第3ラウンドに進める。4日間のスコアで上位29人が日本アマ選手権(7月3〜7日・愛知CC)に出場できる。
 ○…5月の国内プロツアー「マンシングウェアオープンKSBカップ」に、15歳8カ月で優勝した石川にとって、ツアー制覇後初の公式戦。例年なら関係者しか来なかった大会に、1900人(大会本部発表)のギャラリーが押し寄せ、石川がプレーするたびに歓声と拍手を送った。
 前半の16番では「アプローチのつもりだったのに」と石川も驚く20ヤードのチップインバーディー。だが後半はパットにも苦しみ、目標から2打多い通算1オーバーでホールアウト。「ギャラリーの多さに驚いて、疲れ気味です」と石川。父親からは「有名人になってしまったんだから(慎むことを)自覚しなさい。調子に乗るな」とたしなめられたという。石川は「第2ラウンドからは攻めのゴルフでばん回する」と笑顔で語った。
 ○…“遼クン対策”に主催者の関東連盟も大わらわ。昨年はほとんど見られなかった報道陣が、75社・200人にのぼり、石川専用の100人収容記者会見テントまで設営。ほかにも5000台収容の駐車場を用意し近くの私鉄駅までのシャトルバスを10分おきに運行。ギャラリー内には不測時にと、私服警官まで動員した。関東連盟によると臨時出費は約1000万円というが、高橋正孝常務理事は「これもゴルフ普及のためなら喜ばしいこと」。

posted by ハニカミ王子 石川遼 at 14:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川遼選手 ギャラリー「感動」 関東アマゴルフ

石川遼選手 ギャラリー「感動」 関東アマゴルフ


ゴルフのハニカミ王子が、ギャラリーに感動!!

アマゴルフにかかわらずギャラリーが、多数・・・


出典:6月4日17時3分配信 毎日新聞


石川遼選手 ギャラリー「感動」 関東アマゴルフ

 5月の国内男子プロゴルフツアー「マンシングウェアオープンKSBカップ」(岡山)で、アマチュア選手ながら15歳8カ月での史上最年少優勝を果たした石川遼(りょう)選手(東京・杉並学院高1年)が4日、千葉県野田市の千葉カントリークラブ・梅郷コースで開幕した関東アマチュアゴルフ選手権決勝競技(7日まで)に出場した。
 同オープン以降、石川選手の公式大会出場は初めて。アマチュアの大会にもかかわらず、午前11時現在で約1300人(大会本部調べ)のギャラリーが訪れた。小学生の娘2人を連れて来た埼玉県草加市の広木裕美子さん(40)は「自分の息子みたいな気がして見に来た。インパクトの音が違う。感動した」と話した。
posted by ハニカミ王子 石川遼 at 14:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。